私の休日は愛犬の散歩でスタートします。
平日の散歩は家の近くをぐるりとするだけで朝晩10分位ですが休日だけは1時間近く散歩に出掛けます。
時には車で大きな公園に行く事もあり愛犬は勿論の事ですが私にとっても日頃のストレスが解消され自然の中でリラックスできるひと時でもあります。

最近はペットブームなのか愛犬の散歩をしている人が多くいます。
ペットがいなくても健康の為にウォーキングをされている方も多く見かけます。
私にとって愛犬との散歩は多くの人達との出会い系の場でもあります。
街ですれ違う人とは知り合いでもない限り挨拶を交わす事はないのですが散歩していると不思議とすれ違う人とは挨拶を交わし何度か挨拶を交わす内に顔見知りになります。

時には散歩以外でも見知らぬ人に「いつも犬と散歩していますね」と声をかけられる事もあります。
何となく嬉しい物で愛犬を褒められると自分を褒めて貰う以上に嬉しく感じるものです。
わざわざ出会いの場所に行かなくても、こんな身近に出会いの場所があったのだと驚きます。
私は愛犬の散歩での多くの人達との出会いも散歩の楽しみの一つとなっています。
愛犬

女子高生の執念による出会い

高校生の時に付き合った彼との出会いです。
私が通っていた高校は女子校でした。
女子校での文化祭は出会いの場。
高校2年で彼氏のいなかった私はめちゃくちゃがっついていました。
私のクラスの出し物は写真館。
観光地によくあるような、顔をくりぬいたパネルをたくさん作って来場者に写真撮影を楽しんでもらっていました。
彼はその来場者の1人。
数人の男子グループで来ていました。
彼はグループの中でひと際目立ついけめんでした(私的には)。
これは運命の出会い・・・!と思いかなり無駄に絡みましたが、その男子グループは私に無関心。
一瞬へこみましたが、まだまだこれからが本番!と思いその場は一旦諦めました。
2日間ある文化祭で、彼らは1日目のお昼くらいに来たのですがそれ以降、いい男性とは巡り合えず。
文化祭を終えて、なぜ私はあのイケメンが来た時にもっと頑張らなかったのだろうと後悔したものです。
文化祭を終えて数日後、ケータイの写真を見返しているとあの男子グループとパネルを使って一緒に撮った写真が出てきました。
やはりその中の彼はイケメン。
私は写真に釘づけ。
そして、なんとかもう1度彼に出会いたいと執念の探索開始!写真を持って、クラスメイトにこの男子グループのことを知らないかと聞いて回ったのです。
そして意外にも、数人目のクラスメイトで手がかり入手!彼らの着ていた制服から、学校が特定!笑
その学校に友人がいるというクラスメイトがその友人に協力を依頼してくれたのです。
するとその日中には彼が別の男子校の1個上の方だと分かりその翌日中に連絡先をゲット。
その1週間以内には初めてのデートをしなんだかんだで出会いから1か月程度でお付き合いにこぎつけたのでした。
写真と私の執念が再び私たちを出会わせました。笑